こんにちは。あなたを癒す愛と光のヒーラー美帆です。

実は3月に風邪を引き、しばらく休養していました。ちょうど日中の派遣の仕事を退職し、次の仕事先を探していた頃で、ストレスが溜まっていたのが大きな要因だったかなと思います。医療の研究によると、ストレスは免疫力を下げるそうですね。

微熱が続き、咳も出るという症状だったので、この時期なので今流行のコロナか!?という懸念もありましたが、きちんと診察してもらったところ風邪でした。

ちなみに・・病気になってお医者さんとも何人かお話しし、一番最初に患者と接点を持つ、最前線に立つ彼らにとってもコロナの感染のリスクが高いことを改めて感じました。外国では既に医療関係者の死亡などが問題になっています。

日本でもコロナと判明した患者が出た場合には、その病院は全て閉鎖することになっているそうです。医師や病院を守り、安心して正しく診察していただき、私たちも最適な処方をしてもらえるように、しっかり守備対策をしてあげたいものです。

せっかく病気になったので、気付いたことを述べてみました(ちょっと政治家風・・笑)

そういう状況だったので、休養中は寝たきりだったため、メールやお問い合わせに回答できませんでした。ご連絡頂いていた皆さんには申し訳ありませんでした。復帰しておりますのでまたいつでもご利用ください。

この時期に対面はちょっと不安という方は、電話やネットで、誰でも簡単にアクセスいただける遠隔リーディングも実施しております。

さて、私は政治家ではなく、スピリチュアルヒーラーですので、ヒーラーっぽいことも書きたいと思います(笑)

現実で風邪や現在のコロナといった病気は体を害する迷惑なものにしか思えません。新型コロナでは重症になり命を落とした方もいらっしゃり、かける言葉もありません。

誤解を恐れず言うと、スピリチュアルな観点に上がって見ると、全てが源の創造物であり、地球上に存在する役割があります。その病気を与えることにより、創造主はポジティブなメッセージ、ギフトを送っています。

簡単に言うとそのメッセージとは「休みましょう」ということです。

休むことで、私たちは次にこうならないために、どうしたら良いか、無意識に振り返ります。

例えば、がむしゃらにやってきたことに対し、ふと冷静になり、バランスを取り戻すかもしれません。
周りへの影響を考えずに、あたり構わずふるまってきたことで、迷惑がかかっていたことに気付き、行動を改めるかもしれませコロナん。
あるいは、当たり前と思ってやっていたことが、案外力がいり、自分に負担がかかっていたと気付き、自分の体を文字通り休めて、いたわる方法を見つけるかもしれません。

コロナの存在により、私たちは社会的な規模でも、変化を経験しています。テレワークや外出自粛など、「家にいる」「集団行動を避ける」という、個人単位での自己判断を呼びかける行動が多くなっています。これにより、これまで当たり前だった通勤という仕事スタイルや、都心に密集する人口分布を振り返ります。

これまでの行動を見直すことで、私たちはこれからの時代をより良く、より暮らしやすく形作っていきます。
良い変化とは、不要なものは無くしていき、適応しなければならないものは適応し、役に立つ新しいものは取り入れて育てていくプロセスを言います。残すべきものは、維持していきます。

例えば、日本において言えば、通勤のラッシュを無くすためにテレワークや時差出勤を導入し、継続していく。個人でいることが多くなりますから、より臨場感のあるコミュニケーション方法や、誰でも操作しやすいパソコン機器等の技術による適応も進むでしょう。

コロナが出なかったら、誰がこんなに世界を劇的に変えられたでしょうか。感染して苦しんでいる人々や、亡くなった方たちの経験を無駄にしないためにも、コロナが引き起こした良い動きは、継続していきたいものです。

個人単位が多くなると言いましたが、孤独を感じる必要もありません。私たちのスピリットは遍在する実在するものであり、一人のように見えても、どこにいてもいつでも一緒で、必要な時に助けをさしのべます。

時代の変化と共に、私も、ささやかながら生活の中に少しずつ変化を取り入れていっています。より家にいる時間が増えたので、ワンルームの部屋を快適にするためのちょっとした模様替えをしたり、いつもより体に良いもの摂る意識をしたり、骨休みのために都外へ小旅行などしています。

皆さんも皆さんにできることを、スピリットガイドが導いてくれていることでしょう。

是非、ご自身でできることをやってみてください。

皆さんの健康と、充実した生活をいつも祈っています。
写真は、しっかりと根を張り長く生きる木のイメ―ジです♪

 

美帆

HP: azuremiho.jp

Facebook にシェア
LINEで送る