こんにちは。頑張るあなたを応援するスピリチュアルセラピスト・カウンセラー美帆です。

私は大学で心理学を専攻してから、自身のサイキックセンスが現れて
スピリチュアルな世界へ入り、
スピリチュアルな次元での癒しを行う自然療法の道を進んでいます。

そして日中は、医療翻訳の仕事をしています。
市場に出ていない新しい薬を開発する治験に関わる仕事で、毎日さまざまな奇病・難病について学んでいます。

病気を治癒するためには様々なアプローチがあっていいのかなと思います。
スピリチュアルな観点でいうと、全ての病気は、どこかのエネルギーがブロックされていることから成ります。
その人に気付きや学びを与えるために病気は現れます。

生まれつき身体障害を持ち、生涯かけてそれをテーマとして学ぶ人もいます。

例えば、筋ジストロフィーという病気はご存知でしょうか。
筋ジストロフィーは、筋肉に必要なタンパク質を作ることができず、筋肉が衰えていく病気です。簡単な運動にも障害が起きます。

遺伝性の病気ですが、近年ではその遺伝子が特定されてきています。

筋ジストロフィーを持つ子供たちに共通するスピリチュアルテーマは何でしょうか。スピリットガイドに聞いてみました。

彼らには共通して、自分の意志や感情と、体が言うことを聞かないという課題があります。魂は霊的な成長をするのに、様々な経験を積んでいきます。

体が意志に沿わず動かないときに主に経験する、貴重な学びの一つは「停止」です。停止の目的は、簡単に言うと人生を休憩することにあたります。

動かしたいと思って躍起になると、逆にストレスになったり、悪化するでしょう。
体を動かしていたら、ものすごく頑張って何かやっていたかもしれません。
そうすると、停止の経験ができなかったわけです。

体が不自由であることを受け止めて、努力をしないで、流れに乗って人生を送ることが、彼らの多くの、生きている目的でしょう。

こう書くと、いいな、周りでサポートする人たちの苦労と比べると不公平ではないか、と思うかもしれませんが、この停止というゴールを持つ人たちの多くは、過去世でたくさんの大変な人生を送ってきた場合もあります。

ですから、今世は周りに身を任せて、体のストレスをできる限り減らして生きるのです。

かといって、本当に甘んじてわざと問題を起こしたり、できることもやらない、というのは、自然の流れに任せるという学びに反しているので、そこはきちんと指導が必要でしょう。

病気にも、スピリチュアル的に魂の成長につながる、貴重な経験が必ずあるのですね。

ホームぺージはこちら
美帆
children-1720484_1280

Facebook にシェア
LINEで送る