セラピーとは

セラピーとは、現代医学で行う、手術や薬を使わない、新しい治療法のことです。

現代の社会は、経済的にも科学的にも発展し、より便利な社会になりましたが、一方で、現代人は、管理社会や競争社会、高齢化社会による孤独などが理由で、ストレスを抱え悩む方が多くいます。

深刻な病気や、緊急処置を要する時は医療が必要ですが、軽度の症状や、ストレスが溜まっている時に、心と体のケアをしていくことは、健康のためにとても大切です。

セラピーの分類

世界には、たくさんのセラピーがあります。大きく分けて、セラピーは主にケアをする対象によって、3つに分類することができます。
 

体にセラピーをする

主に身体の生理機能に働きかけ、例えばホルモンの分泌を調整したり、自律神経のバランスを整えたりします。
アロマセラピー、リフレクソロジー、整体、はり、アーユルヴェーダ などがあります。
 

心・マインドにセラピーをする

心の問題や思考の癖などに焦点を当て、自分の心を見つめ直したり、悩みやストレスを解消します。ヒプノセラピー、カウンセリング、アートセラピー、カラーセラピーなどがあります。
 

魂・スピリットにセラピーをする

目に見えない気やパワーで心身不調を改善し、健康を保つのに使えるエネルギーを提供します。
パワーストーン、レイキ、気功などがあります。


また、上述の分類をまたぎ、様々なセラピーを複合したセラピーもあります。例えば、メタフィジオセラピーは、アロマセラピー、リフレクソロジー、ヒプノセラピー、カウンセリング、パワーストーン、及びハンズオンヒーリング取り入れ、体・心・魂の全てに作用します。

セラピストの分類

様々なセラピー法を駆使し、セラピストは、それぞれの得意とするテーマによって、大きく分けて4タイプあります。

リラクゼーションセラピスト

日々のストレスや疲れをほぐし、元気を取り戻すためのサポートをします。

ボディケアセラピスト

体の痛みの元となる原因を探っていき、適切な処置を施し、症状を軽減します。

 

ビューティケアセラピスト

外見だけでなく、内側から美しくなるよう関わっていきます。


メンタルケアセラピスト

心に抱える苦しみを聞き、本人の中で変化変容のための気づきが起こるよう導いていきます。

ヒーリングとセラピー

昨今では、日本でヒーリングという言葉も良く聞くようになりました。


ヒーリングとは、宇宙にあるポジティブなエネルギーを、体と共鳴させて、心身を癒します。エネルギーという、肉眼で見ることできないものを扱うことから、スピリチュアル・ヒーリングなどと言われたりします。


まだ科学で実証されていない事柄もあり、日本でも、まだエネルギーといえば霊能者とか、怪しいもの、といった印象がありますが、イギリスを始め、欧米では、代替医療として定着しており、医療保険が適用されている国もあります。

 

ヒーリングの語源は、ギリシャ語の "holos" = 全体 からきています。
人をスピリチュアルな全体性へと戻すという意味があり、自分の中の欠けていたところを補ったり、機能停止していた部分を活性化して、全体な状態に戻すという意味です。そのため、ヒーリングは、一人でもできます。

 

それに対して、セラピーは、もとを辿るとギリシャ語の“therapon”が語源と言われており、二人で共に歩む、問題を解決するという意味があります。

カウンセリングも、同様にカウンセラーがいてクライアントがいて成り立ちますが、主な違いは、ヒーリングは直感(目に見えないエネルギー)で働きかけるのに対し、カウンセリングは研究や実証から答えを割り出し、論理的なアプローチをします。

 

ヒーリングの種類は、数多く存在します。
ハンズオンヒーリング、レイキヒーリング、音叉ヒーリング、シータヒーリングなどが一例です。

その他メニューのご紹介

メタフィジオセラピー

パワーストーンセラピー

スピリチュアルリーディング・カウンセリング